★新ゼロDVD発売記念イベント報告★
@YMCAアジア青少年センター(2004.1.18)



※このレポートは、BBSで報告したイベント内容の再録+αです。


会場に入ると、各席にチラシが。

まず墨汁一滴の新製品などグッズを紹介したチラシ(萬画館のスタッフも来てらっしゃいましたv)。

そして、平ゼロ版ドラマアルバムの告知。2/18発売 ¥2,913+消費税です。





アルバム収録予定内容は『星祭りの夜』『愛の氷河』『機械仕掛けの心臓』のオムニバス。

・・・・・・・・・・・・・これって・・・・・・・・・・・・

924の口説き3本立て??

あとスカールさまと新兵のショートコーナー、

ボーナストラックが、声優の009生誕40周年記念コメント。

ジャケットは、紺野さん書き下ろしの3面ジャケ仕様だそうです。



ドラマCD、デマかと思ってたら本当に出るんですね〜。

しかし、完結編とはいかないまでも、オールキャラで1本、例えば『エッダ編』なんかをやってほしかっ

たかも・・・。

ドラマCDを買うのはよっぽどのマニアだから、こういう萌え系な話の方が売れるのかな・・・。

まぁ何だかんだ言っても買うだろうし、きっと聞いたらぎゃーぎゃー言うに決まってるんですが;;;

でもなーやっぱエッダ編が・・・ぶつぶつ





さて、トークショーです。

出演は、芦田豊雄作画監督、009役の声優・井上和彦氏、高橋良輔監督の3名。



冒頭で、司会の方が「新ゼロ初めて観る人〜〜〜」と来場者に挙手を求めたんですが

ほとんどいませんでした(^_^;)

「リアルタイムで見た人〜〜〜」でわらわらと手が挙がり、井上氏が苦笑いで「みんな若く見えるね」と

苦しい(?)フォローを入れてたり;; だって25年前・・・??

司会の方もおっしゃってましたが、『同窓会』な雰囲気でしたね。



↑当日とっていたメモより。なんとなく似てると自分では思う(笑)






このイベントは、参加者募集の際、出演者に質問したいこと&上映希望話のアンケートを設けていました。

トークショーはその質問を元に進められたわけですが、Q&Aよりいくつかご紹介します。



Q.一番思い出深い話は?

A.芦田:我々の仕事は、終わるとすぐに忘れてしまう。記憶の彼方・・・1話の暗さが好き。

 井上:下手でしたね・・・1話、カジノ、裏切りの砂漠・・・暗いのは好きです。

 監督:あえて無い。他の作品と見比べてしまうんです。放映当時『999』や『赤毛のアン』が良かった。

    なんでこんな時に『ガンダム』が出てくるんだ、とか(笑)

    1話はドキドキした。あえて言えばOPの涙かな?



Q.もしまた009を作るとしたら?

A.監督:宇宙樹編が途中になってしまい、戦士の休息編に敵前逃亡してしまった。

    なので宇宙樹編を最初からやり直したいですね。

 井上:009やりますよ!(会場より拍手)

    どんな役でもやらせてもらえれば幸せ。悪役、オーディンとかいいかも。



Q.加速装置をナマで演ってください。

A.井上:よく近所の子供に、玄関のベルを「加速装置!」ってイタズラされました(笑)

     『加速装置!!』(会場より拍手)

    カラオケに行くとよく演るセリフがあるんですが・・・。

     『お前なんかを神とは認めない!』

    ↑実際はもっと長ゼリフ(会場よりお〜〜〜〜〜〜というどよめき)



Q.フランソワーズとは結局のところどうだったんでしょうか? どうなって欲しかったですか?

A.井上:大事にしてたんじゃないですか(笑)

    あって思う人は何人もいたけど、そんなに激しくはないですね。

    男なら誰でもあっと思いますから。

Q.影で泣いてる図をファンは創作してたようですが(笑)

A.井上:あんまり003ばっかりだと周りが遊べないでしょ? 心配してもらえない。

    お話的には、ちょっと危ないってのがあった方がいいんですよ。



Q.変遷する009キャラのどれを参考にしたんですか?

A:芦田:石ノ森先生に直接レクチャーを受けましたね・・・。

Q.石ノ森先生は、スタッフの好きにやってくれというところがあったようですね。

A:芦田:目の前で直してもらったんですけど、あまり似てませんでしたね私は・・・。

Q.憂いのあるジョー、良かったですよね。



Q.25年経って、またこういうイベントが出来るのは?

A.監督:この仕事の幸せなところですね。

Q.実は新ゼロのイベントは、初めてなんだそうですよ。

A:芦田:25年、みんなよく死なずに生きてた(笑)

    ビデオ、レーザーディスク、そしてDVD。だいたい10年おきにイラストの依頼があるので、

    結構ちょくちょく009と接しているんです。

    ビデオの頃は、DVDはSFの世界だった。もともと不朽の名作なので、延々と続いていくんじゃ

    ないですか?



Q.今年は009の40周年だそうです。今後の夢を聞かせてください。

A.井上:『キカイダー』の音響監督や、声優教室を手掛けている。

    現役で役者をやっていきたいので、いろいろな仕事はその糧にしたい。

 監督:手塚治虫『火の鳥』の監督。3月にBS、4月頃総合で放送が始まる。

    時代劇・・・人類の歴史を、古代から今まで綴る・・・を企画中。

    透明感がありつつ暗い主人公にしたい。009と重なる部分はあるかも。

 芦田:マンガを連載していた雑誌がつぶれたので(笑)続きを書きたい。

    マンガを描く人はエライですね。難しいです。

    新撰組がらみの企画がある。メインライターが酒井あきよしさんなんです(笑)

    なんだか縁がありますね。






トークショーの最後に、ゲスト+観客で記念撮影がありました。

この写真は、参加者名簿・トークショー映像と共に、DVDの5巻(最終巻)に収録されるそうです。

司会と井上氏が、みんなで「加速装置!」と言おう、とか「009大好き!」と腕を振り上げよう、とか

いろいろ提案されていました。はたしてどんな写真になったのやら。

私の希望としては、どうぞ人物が特定されませんように・・・(^_^;)





そして上映会。 人気投票で1位になったという第1話『よみがえった神々』でした。

うーん『カジノ』見たかったな〜〜〜〜〜っ

まぁ1話はオールキャラだしまっとうに(?)鑑賞できる作品だし・・・29だけど。



ちなみに人気ランキングは以下のとおり。

抜けてるかもです(^_^;)



1.『よみがえった神々』 *第1話

2.『カジノ攻防戦』

3.『ネオブラックゴーストの最期』 *最終回

4.『大森林からの脱出』

5.『宇宙樹の村が呼んでいる』

6.『裏切りの砂漠』

7.『ジョー!父さんを追え!』

 『大西部に散った友情』



1話を改めて見た感想としては、

1.やっぱどっからどう見ても29じゃん!?

2.まったくもう大風呂敷広げまくってるなーーーーーーーーーーーーーーー;;

の2点でした(爆) いろんな意味でヤバいです。

ていうかヤバいと思う自分の心がヤバいんでしょうね(^^;)



ではでは、以上です♪



★BACK★
inserted by FC2 system